It is interesting to note that attitude is on the one hand a prerequisite for developing good design and to realise at the same moment that it is itself a result of a very complex design process. The principles of Corporate Identity describe very well the tasks you have to solve to roll out a consistent image of your person, company or activity. The challenging part is to create or define the rules for an authentic attitude. Together with passion and responsibility, attitude forms the brand. Nowadays a brand is classified as a value and therefore brands play an important role in focusing public attention, transforming the way we consume and influencing stock market values.

A brand marks a point of reference in an often less than transparent market. Knowing how to resolve the antagonism between “being different” and still “being trusted” at the same time – two aspects inherent in a brand – remains a mystery. For a designer or an entrepreneur all questions of attitude are first directed inwards, focusing on personality and authenticity. Afterwards you try to form an image to communicate with other persons. Clarity and recognition are essential here. However, it must always be borne in mind that most of the ingredients used in this process may well be subjective in nature.


良いデザイン開発には、考え方が必須条件だということを気付くことは興味深いことです。また同時に良いデザイン開発とは、非常に複雑なデザインプロセスの結果そのものであると気付くことも興味深いことです。コーポレートアイデンティティの本質とは、人、企業、あるいは活動の一貫したイメージを広めるために解決しなければならない作業の詳細な説明といえるでしょう。 挑戦することは、信頼できる考え方でルールを作成し、定義することです。情熱と責任、そして考え方を組み合わせることがブランドを作り出します。今日のブランドは一つの価値として分類され、それゆえブランドは一般の人たちを魅了し、消費行動を変えさせ、株価にまで影響を与える重要な役割を果たしています。

ブランドは不確かな市場において、評価基準として頻繁に使われます。同時に“他と違うこと”と “それでも信頼されていること”、つまり一つのブランドに内在する2つの要素間の対立をどのように解決しているかは、ミステリーのままです。 デザイナーあるいは企業家にとって、開発に際しての考え方に関するすべての論点は先ずその内面に向けられ、特性や信頼性に焦点が当てられます。その後、他の人たちと具体的に語り合うために形状イメージの形成を試みます。ここでの開発主旨の明確さと関係者の深い相互理解は、欠くことのできないことです。しかしこのプロセスで行われた相互理解も、実は主観的なものであるということも常に念頭に置かなければなりません。


Toyota Municipal Museum of Art / Gallery 9

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   Catalogue