Foreword of the catalogue

Every project first begins with an idea. To be frank, I am not quite sure if having ideas is good at every stage of a project. However, you may well reply that a project without a strong idea behind it is not powerful and convincing and may ultimately be worthless. I ask myself whether I know the complete landscape of requirements and expectations in order to define something that makes sense. So I am faced with another design task again.
My decision was to start without a formative idea. The first activities involved accumulating different topics and different items, applying only a restricted number of criteria: something was designed by me or with my assistance or something plays an important part in my daily life as a designer. While preparing this exhibition and moving towards the ultimate idea, maybe this was the right approach to gain time for a deeper analysis of defining the “problem”. Actually, this is the normal process in every design development.


すべてのデザインプロジェクトは、まずコンセプト(構想)から始まります。正直なところ、私はデザインプロジェクトのあらゆる段階でコンセプトを持っていることが良いのかどうか、確信はありません。しかし背後に“優れたコンセプト”のないデザインは力強い説得力のあるものではなく、最終的に価値のないものなってしまうと言えるでしょう。私は常に自分自身に問い続けます、デザインプロジェクトに期待されていることや必要条件などについての全体像を確実に理解しているかを・・・。つまり、私はもう一つの(形のない)デザイン作業に取り組んでいます。 私は、形を伴わないアイデア展開から始めています。異なるテーマと異なる要素を積み上げ、限られた数の判断基準のみを適用する必要があります:アイデア展開のベースとなるもののいくつかは私がこれまでにデザインし、または私が手助けしたもので、またあるものはデザイナーである私の日常生活において重要な役割を果たしているものです。この展覧会を準備しながら展示の最終的なコンセプトを考え、そしてその内容をより深く検討するために時間を確保しました。これはすべてのデザイン開発において、普通に行われている行為です。

For an exhibition the content has to match the location. Thus the location can encourage or exclude certain topics. You can imagine that having the chance to exhibit a very personal view on things you love and live for in an extraordinary location like the Toyota Municipal Museum of Art is a gift. This building is a masterpiece created by the architect Yoshio Taniguchi and I have to admit the joy I felt at the prospect of being invited to fill gallery number 9 with samples of my work was continually dampened by the fear of failure.

For someone like me who lives on the edge of the Ruhr area in Germany, coming to Japan is by no means the quickest and easiest way to reflect on 20 years of professional activity. However, looking back on one‘s personal development has something to do with gaining distance, so why not a spatial one. Now, considering this specific situation, I have become aware that the chance to present this exhibition and the possibility to show exactly this material is also a result of the help given by many other people and friends. So I decided to dedicate one part of this exhibition to this particular topic: discourse and teamwork. The core of the story is focused on our perception of things and the way we try to control the perception of others through the medium of design.

Actually, everything you can say about design has already been said but maybe not by everyone. Let me focus on values and key terms to give a further explanation of the context in which man tries to change the world and the interdependency of important topics to master the challenges involved. The story begins with the ability with which we are born to perceive our natural environment: instinct. A further interesting step starts when we communicate with the world around us and with other people: context. Finally we leave the passive role completely and make an attempt to create and shape the world as we want it: passion and desire.

Henk Kosche, May 2010


ドイツのルール地方のはずれに住む私のような人間にとって、プロダクトデザイナーとしての20年間を振り返るために日本に来ることは、決して迅速かつ容易に行えることではありませんでした。しかし私個人の成長を振り返ることは、これでのプロダクトデザイナーとしての活動内容と大きくことなりますが、展覧会を準備するプロセスは決して特別なことではありません。 今、この美術館で展覧会を行うという(私にとって)特別な状況を振り返ると、この展覧会を開催し多くの作品を提示する機会を得られたことは、多くの人々と友人たち協力のおかげです。そのため、私はこの展覧会の内容の一部として、次の特別な内容を追加しました。それは私の(デザイン理念についての)講演と、昨年行った学生達の合同課題内容の展示です。話の核心として、物に対する私たちの知覚とデザインという表現方法によって、他の人の知覚をコントロールしようとする方法に焦点をあてます。

デザインについて皆さんが話せることはすでに誰かによって話されていますが、おそらくすべての人によって話つくされている訳ではないはずです。人類が変えようとしている世の中の状況と、複雑な難問を克服するための大切なテーマの相互の関連性についてより詳しく説明するために、その意義と重要な用語を詳しく説明させてください。 その話は、私たちが生まれた時から自然環境を認識する能力があるということから始まります:それが、“本能”です。次の興味深い段階は、周囲の世界や人々と関わる時に始まります:それが、“状況”です。最後に私たちは完全に受身の姿勢から離れ、自分自身が望むように世界を作ろうとします:それが、“情熱と欲望”です。

Toyota Municipal Museum of Art / Gallery 9

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   Catalogue